今日から僕は、お気に入りのモノをBLOGに書こうと決めました。で、そのうち雑貨屋さんをつくることに決めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「そのとき彼によろしく」って言葉に、ジーンときた。
最近の僕の中の映画特集は、、長沢まさみ特集であった。

中でも、お気に入りは、

「そのときは彼によろしく」

雑貨屋さんをつくりたい。-sonotoki

とてもキレイでしかも美しい水草の店を経営している遠山智史(山田孝之)の前に、
ある日突然、スーパーモデルの森川鈴音(長澤まさみ)が現われる。
実は鈴音は智史の幼なじみの滝川花梨で、ふたりは再会を喜びを分かち合う。
2人にはもう一人の幼き日の親友がいた。
画家になると約束していた五十嵐佑司(塚本高史)に会いに行くが、佑司は事故に遭い昏睡状態だった。
そして明らかになっていく花梨の秘密。彼女に残された時間は、あとわずかだった。

この映画を見て、タイトルである「そのとき彼によろしく」って、そういう事ね。
と、涙がでました。

いい映画だと思います。

雑貨屋さんをつくりたい。-sonotoki




「夜のピクニック」を観て、多部未華子たちと一緒に歩きたくなった。

「夜のピクニック」を夜中に観た。



夜のピクニック

前から観よう観ようと思い、

HDに撮っておいたまま数か月。


仕事に疲れ気分転換に何か観ようかなぁ・・・。と、

夜中の2時。

観だしたら確実に睡眠時間は4時間を斬る。

でも、観てよかった。



夜のピクニック


話は、

高校生活最後の伝統行事「歩行祭」を迎える甲田貴子(多部未華子)。
一度も話したことのないクラスメイト西脇融(石田卓也)に話しかけようと考えていた。
実は、2人は異母兄妹の間柄で、そのことは誰にもいえない秘密だった。
融も貴子を意識しながらも近づくことができず、
事情を知らない友人たちが勘違いして、告白するようけしかける。

「歩行祭」という特別な時間・空間での何とも言えない青春の物語。


彼女たちの時代に戻りたくなった。

一緒に歩きたくなった。

何か、イイ気持になった。




「彩恋 SAI-REN」の中の、温水洋一がカッコイ!
最近良く映画を観ているが、ハズレ邦画が多かった。
そんな中で、「彩恋」は、久々に良い映画だった。


彩恋


ストーリーは、
ナツ(関めぐみ)、ココ(貫地谷しほり)、マリネ(徳永えり)は、
いつも一緒にツルんでいる仲良し女子高生3人組み。
それぞれ恋愛や家族、将来の夢など期待も不安もいっぱいの高校3年生。
時には苛立ったり喧嘩したりしながらも、互いに支えあい励ましあって、
大人への第1 歩を踏み出そうと一生懸命に生きている。
そんな彼女たちの等身大の姿を、ユーモアを交えてヴィヴィッドに描き出した、
さわやかな青春ストーリー!
三人だけでなく、それぞれの家族達の恋愛も並行して描かれています。



彩恋



出演者が、なかなか僕の気に入りで固めています。

彩恋

ココのお母さん役で、奥貫薫もよし、


彩恋

ナツのお父さん役の、温水洋一が、特によかった。
いつも、ちょっとボケてる訳お笑い系の役が多いのですが、
今回は、メチャカッコよかった!

出てくる人それぞれの恋愛があって、
それぞれ、その姿が、カッコよく描かれている映画でした。

しかし、最近の女子高生モノの映画と言えば、
関めぐみと、貫地谷しほり
そして、どこかに必ず、温水洋一が出ている。


「ホノカアボーイ」を見て、ますますハワイに住みたくなった。

雑貨屋さんをつくりたい。-honokaa_boy

雑貨屋さんをつくりたい。-honokaa_boy

「ホノカアボーイ」の長谷川潤が、
ものスゴク可愛いのである。

雑貨屋さんをつくりたい。-honokaa_boy


そして、倍賞千恵子演じる「ビー」もまた、
超可愛いのである。


雑貨屋さんをつくりたい。-honokaa_boy


映画に出てくる料理が、どれも美味しそうで・・・。
食べたくなって、作りたくなった。


雑貨屋さんをつくりたい。-honokaa_boy


景色もキレイで、どことっても絵になって・・・。
今回の撮影は、スチール出身の市橋織江。
だから、ワンカットワンカットが、染みるんです。

ますます、ハワイに住みたくなった。


雑貨屋さんをつくりたい。-honokaa_boy


雑貨屋さんをつくりたい。-honokaa_boy


ストーリーは、
彼女(蒼井優)の言われるがままにハワイ島やってきたレオ(岡田将生)
夜にかかる月の虹を見るためにやってきたのだが、
思っているのとは全然違う!と不機嫌になる彼女。
その旅の途中で偶然立ち寄ったホノカアの町に
レオは、半年後、暮らすことになる・・・。

 

「STARDUST」は、想像通りの展開だが、演出がステキだ。
劇場で観そこなった「スターダスト」を観た。
クレア・ディンズが出ていると言う事で気になっていた作品。


雑貨屋さんをつくりたい。-STARDUST


一言で言えば、ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、クレア・デインズなど、
豪華キャスト競演の“流れ星”をめぐる、
スリリングで壮大なファンタジック・アドベンチャーラブストーリーである。

雑貨屋さんをつくりたい。-STARDUST

雑貨屋さんをつくりたい。-STARDUST

ストーリーは、
流れ星が地上に落ちて美女に変身。
その「流れ星」=「永遠の命」を得るために流れ星を400年間も待ち続けた魔女の三姉妹、
いまだに王位継承を得るために追いかける王子たち、
さらに空飛ぶ海賊が登場し、流れ星を手に入れようと争う。
と、
筋書きは至って簡単。

だが、
映像や演出が絶妙なのである。

雑貨屋さんをつくりたい。-STARDUST

亡霊となった王子たちは最高。

ストーリー展開が、バレバレなだけに、演出を楽しめる
僕にとって、久々のヒット作でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。