今日から僕は、お気に入りのモノをBLOGに書こうと決めました。で、そのうち雑貨屋さんをつくることに決めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「海でのはなし。」は、残念なはなし。でした。僕にとっては・・・。
海でのはなし。を観た。

僕の中の、宮崎あおい夏の終わりの特集第一弾。

雑貨屋さんをつくりたい。-海でのはなし。

おはなしは、
非常勤講師である博士(西島秀俊)に想いをよせていた楓(宮崎あおい)は、
ある日、楓は父親に愛人がおり自分自身も愛人の子であることを知る。


雑貨屋さんをつくりたい。-海でのはなし。


楓は、事実を知り苦しむのだった……

博士に連絡をとり、二人で海に行く。

雑貨屋さんをつくりたい。-海でのはなし。

海で博士に告白するが、楓は大切だが恋愛感情はないと断られる…。

と、いった話なのだが、


突然、スピッツの曲が流れだすのである。
セリフに重なります。
しかも、大音量で。
で、シーンが変わると、また、スピッツが流れるのです。

ま、スピッツの曲のイメージを元に製作されたwebムービーで、
Yahoo!動画に期間限定で配信され、
それに音楽を新たにリミックスしたものが劇場公開されたモノなので、
仕方ないのかも知れないが…。

ヒドイと、僕は、思いました。

監督・脚本は、「Room Of King」や、「the波乗りレストラン」の大宮エリー

宮崎あおいも、西島秀俊も、いいのに、残念です。
すごく、残念な映画でした。


雑貨屋さんをつくりたい。-海でのはなし。


公式サイト ↓
http://www.littlemore.co.jp/movies/umidenohanashi/


「amazone」のカスタマーレビューを読み、共感者が多いと実感しました。
      ↓


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。