今日から僕は、お気に入りのモノをBLOGに書こうと決めました。で、そのうち雑貨屋さんをつくることに決めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「STARDUST」は、想像通りの展開だが、演出がステキだ。
劇場で観そこなった「スターダスト」を観た。
クレア・ディンズが出ていると言う事で気になっていた作品。


雑貨屋さんをつくりたい。-STARDUST


一言で言えば、ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、クレア・デインズなど、
豪華キャスト競演の“流れ星”をめぐる、
スリリングで壮大なファンタジック・アドベンチャーラブストーリーである。

雑貨屋さんをつくりたい。-STARDUST

雑貨屋さんをつくりたい。-STARDUST

ストーリーは、
流れ星が地上に落ちて美女に変身。
その「流れ星」=「永遠の命」を得るために流れ星を400年間も待ち続けた魔女の三姉妹、
いまだに王位継承を得るために追いかける王子たち、
さらに空飛ぶ海賊が登場し、流れ星を手に入れようと争う。
と、
筋書きは至って簡単。

だが、
映像や演出が絶妙なのである。

雑貨屋さんをつくりたい。-STARDUST

亡霊となった王子たちは最高。

ストーリー展開が、バレバレなだけに、演出を楽しめる
僕にとって、久々のヒット作でした。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。