今日から僕は、お気に入りのモノをBLOGに書こうと決めました。で、そのうち雑貨屋さんをつくることに決めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手塚治虫ファンにはたまらない「PLUTO」
手塚治虫が好き。

OT

以前、
エイリアンのデザインで有名なHR.ギーガーの講演会で
手塚治虫に出会った。
なんで、こんなところに手塚治虫が?
ギーガーと手塚との組み合わせが僕の中では結びつかなかったが、
傍聴席にいる手塚治虫に話しかけてみたところ、
好きだから。ということだった。
普通にチケットを購入し聞きにきているところが、
さらに、手塚治虫を好きになった。

勇気を持って、サインをお願いしたら、
さらっと、自画像を加え、気持ちよく描いてくれた。

僕をきっかけで、他の客たちもサインをねだり、
迷惑をかけてしまったが、
手塚治虫は、ひとりひとり、自分の作品の違うキャラクターを
描き、握手していた。

最近、マンガを読むことが多く、
20世紀少年にはまった。

読み終わったころ、「PLUTO」の最新刊の発売を目にし、
もう一度、最初から読み出した。

「PLUTO」は、鉄腕アトムの「地上最大のロボット」が、
原作になっている作品。
「PLUTO」を読むのであれば、原作を読んでから読むことをお勧めする。
この話のこの部分が、こんな風に描かれたのか・・・・。と、
さらに、楽しんで読むことができるから。

改めて「地上最大のロボット」を読んで、手塚治虫の偉大さに気付いた。


PLT


PLT


「PLUTO」は、原作を元に、
手塚治虫ファンをくすぐるシーンがふんだんに登場する。

アトムの登場シーンに感動。
ウランの登場・ヒゲオヤジの登場に感動。

是非、読んでいただきたい作品である。





amazon

KP

PLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャル (コミック)

浦沢 直樹 (著), 手塚 治虫 (著)

コメント
コメント
1 ■わたしも、はまってます。
PLUTOは、すごい。浦沢直樹は、天才だと思う。
2008/10/15(水) 11:40:59 | URL | ひまてん #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。