今日から僕は、お気に入りのモノをBLOGに書こうと決めました。で、そのうち雑貨屋さんをつくることに決めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「butterflyeffect バタフライエフェクト」は、切ないラブストーリーである。
友人が、「最も好きな映画で、何回も劇場に観に行った。」と、
言っていた映画がある。
観る観ると言っておきながらなかなか観れずにいた
「butterflyeffect バタフライエフェクト」だ。

BE

彼女が言うには、「2」は最悪!との事、
と、言われたら「2」も見ない訳には行かない私。
ついに、1・2を続けて観ました。

最近見た中で、No,1かも・・・。

アシュトン・カッチャー主演のタイムスリップ系サスペンス。
『バタフライ・エフェクト』は非常にシリアスで感動的な物語である、シリアスの映画であればあるほど、
主人公はあまり知られていない役者のほうが、良いと思う。先入観なしで、物語に没頭できるからである。
実際、私も、アシュトン・カッチャーを良く知らない。
物語は、主人公(A・カッチャー)は少年時代、記憶が時折ブラックアウトする症状に悩まされていた。
成人後はすっかりよくなったかに見えたが、
ある日当時の日記を読み返した彼は、失った記憶を突然取り戻した。
しかもその恐るべき記憶を、彼はあとから変更する事ができるのだった。

BE03

彼は愛する彼女のために、過去へ飛んでいた際に、良かれと思い過去を変えてしまう。
「主人公が良かれと思って変えた過去のちょっとした選択が、とんでもない未来を巻き起こす」のである。
彼は繰り返し繰り返し過去にもどり過去を変えてゆく・・・。

この映画は、
ブラジルでの蝶の羽ばたきというごく小さい要素であっても、テキサスの気候変動に大きく影響を与える可能性があるというカオス理論の話である。
この手の映画は私、大好きである。

「バタフライエフェクト-1-」は、とても良くできた映画で、僕は、かなり気に入りました。
1に比べると2は、1/10にも満たない駄作だと思う。
1の良さを台無しにしている最悪な作品となったのでは?
1のラストは、DVDには、別テイクが2種類入っていました。
つまり3つの終わり方を考えて、最終的に選ばれたラストが劇場で流れたという訳である。
僕も劇場版のラストで、正解だと思う。

BE02

しかし、2は、ひどい作品だなぁ・・・。


「バタフライエフェクト-1-」

★★★★★


「バタフライエフェクト-2-」

★☆☆☆☆



amazon



BE


バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション

出演: アシュトン・カッチャー, エイミー・スマート
監督: エリック・ブレス, J・マッキー・グラバー
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。