今日から僕は、お気に入りのモノをBLOGに書こうと決めました。で、そのうち雑貨屋さんをつくることに決めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「そのとき彼によろしく」って言葉に、ジーンときた。
最近の僕の中の映画特集は、、長沢まさみ特集であった。

中でも、お気に入りは、

「そのときは彼によろしく」

雑貨屋さんをつくりたい。-sonotoki

とてもキレイでしかも美しい水草の店を経営している遠山智史(山田孝之)の前に、
ある日突然、スーパーモデルの森川鈴音(長澤まさみ)が現われる。
実は鈴音は智史の幼なじみの滝川花梨で、ふたりは再会を喜びを分かち合う。
2人にはもう一人の幼き日の親友がいた。
画家になると約束していた五十嵐佑司(塚本高史)に会いに行くが、佑司は事故に遭い昏睡状態だった。
そして明らかになっていく花梨の秘密。彼女に残された時間は、あとわずかだった。

この映画を見て、タイトルである「そのとき彼によろしく」って、そういう事ね。
と、涙がでました。

いい映画だと思います。

雑貨屋さんをつくりたい。-sonotoki




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。