今日から僕は、お気に入りのモノをBLOGに書こうと決めました。で、そのうち雑貨屋さんをつくることに決めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Candle JUNEさんのキャンドルナイトは、特別な空間を与えてくれる。
Candle JUNEさんのイベントに行ってきた。


雑貨屋さんをつくりたい。-Candle JUNE


代々木の公園でのキャンドルを灯してのLIVEイベント。


雑貨屋さんをつくりたい。-Candle JUNE


渋谷の雑踏の中から、代々木に向かいイベント会場へ。

静かな空間が余計静かに感じた。
とてもすてきな空間がそこにはあった。


雑貨屋さんをつくりたい。-Candle JUNE


雑貨屋さんをつくりたい。-Candle JUNE


キャンドルの灯火のなんとも言えない明るさが
心地よかった。


雑貨屋さんをつくりたい。-Candle JUNE


今晩は、しまってあったキャンドルでも出してみよう。
スポンサーサイト
「鳥獣人物戯画絵巻」を観ると、絵巻について、誰かと話をしたくなるものです。

年末に「鳥獣人物戯画絵巻」を観てきた。



鳥獣戯画


なぜか「鳥獣人物戯画絵巻」を観ると、
「鳥獣人物戯画絵巻」について、誰かと話をしたくなるような気分になります。



鳥獣戯画



絵が楽しいだけでなく、筆使いの巧さや、
誰が何のために描いたのかなどと、いろいろと、

楽しみながら観ることができる。



鳥獣戯画


鳥獣戯画


僕が一番好きなのは、

カエルやウサギが擬人化されて描かれている「甲巻」



鳥獣戯画

おそらく想像で描かれたゾウやトラ

さらに創造の動物キリンや一角獣

が描かれている「乙巻」も捨てがたい。


後半は作者も代わり、タッチも荒い。

はたして、ひとくくりに、同じ「鳥獣人物戯画絵巻」とまとめてしまうことが正しいのだろうか?

「鳥獣人物戯画絵巻」の謎は尽きない。

残念ながら、東京での展示は終わってしまったが、

機会があれば、じっくりともう一度、観に行きたいものである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。