今日から僕は、お気に入りのモノをBLOGに書こうと決めました。で、そのうち雑貨屋さんをつくることに決めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直島でフロートペンに出会う
瀬戸内海に浮かぶ直島に行った。

直島
草間彌生制作の大きな彫刻「南瓜」

で、「ベネッセハウス ミュージアム」にありました。
草間彌生フロートペン

直島 フロートペン


直島 フロートペン
直島 フロートペン
お馴染みの水玉。


さらに、もう一本
直島 フロートペン
直島 フロートペン

まだ、旅先に、フロートペンは健在です。

  



スポンサーサイト
出張準備
出張に向け、
撮影小道具を購入!
かなり安いし、便利と見た!

    
「一生に一度はフローティングペンを作るだろうプロジェクト」僕も実現させたい。
「A Project for Making a Floating Pen at least Once in my Life」
(以下FPO=一生に一度はフローティングペンを作るだろうプロジェクト 代表:遠藤諭)は、
世界でも初めてと思われるアニメーションするフローティングペンを製作、
2010年12月より頒布を開始いたします。

僕も、一生のうちに一度は作りたいと思います。
いや、絶対作ろう!

と、いうことで、久々にフロートペン、購入しました。

このペンのアニメの仕組みは、
スリット状のフィルムの裏をキャラクターが移動することで
アニメーションのように見えるフローティングペンなんです。
簡単な昔からある仕組み、ヤラレタ…。


Floating Pen
Floating Pen

動きは、こんな感じ




公式サイト
http://www.8-p.net/


「TRON:LEGACY」は3Dに期待したのが間違いだった。
でやっぱり、ディズニー映画は、このフロートペン。
結構、カッコいいです。気に入ってます。
でも、太いっす。

Floating Pen
Floating Pen


映画は、3Dに期待してたんだけど、
ちょっとガッカリな仕上がりでした。
オリジナルの方が好きかな。


公式サイト:
http://www.disney.co.jp/tron/
ハンドルの飾りつけは楽しみの一つです。
ちょっと、身体を痛めて、乗ることができなくても
自転車をいじれるのは、それもまた楽しみの一つです。

だいぶイメージ通りになってきました僕のBIKE。

DEROSA

ライトとサイクルコンピュータを変え、可愛くなってきました。

DEROSA

サイクルコンピュータは、「サイドリバー」限定版で、
キャットアイ ストラーダ ワイヤレス 「シェア・ザ・ロード」
デザインが気に入りました。
やっぱ、限定版に弱い僕です。

DEROSA

ライトは、SIGUMA MICRO F (FRONT/WHITE LED)
LIGHTBLUE(LT-SG-034)
こいつも可愛くて好きです。
全体を水色ベースにし、まとまったと思います。

DEROSA

あと、ベルも欠かせません。
こう見えて、このクリスタルベル
1949年に豊島区西巣鴨にて自転車用ベル製造メーカーとして
設立創業された東京ベル製作所製なんです。

ああ、早く身体直して乗りたいなぁ…。


ピンクリボンバージョンもあるみたいですね。
 

アリスインワンダーランドの世界観をうまく5cmの中に。
最近のフロートペンは、
大きくなって、しかも値段も高い。
ディズニー系の映画は、ほとんどこのタイプ。

なので、気に入った時だけ買うことにしている。

アリスワンダーランドのペンもお気に入りの一つです。

Floating Pen
Floating Pen


この手の映画モノって、購入し忘れると、
手に入れるの難しくなっちゃうんだよね。

公式サイト:
http://disney-studio.jp/disney/special/alice/



縁側でカワイイ顔に出逢う。
縁側の隅でカワイイ草を見かけた。

トクサ01

何がカワイイのかと言うと、
顔があるんですもん。
ちっちゃな。

トクサ02

この草、トクサ(砥草、木賊、学名:Equisetum hyemale L.)と言って、
茎は煮て乾燥させたものを紙ヤスリのようにして研磨の用途に使ったり、
クラリネットなどのリードを磨いて調整するのに使われるそうです。
干した茎は木賊(もくぞく)と呼ばれる生薬で、
その煎液を飲用すると目の充血や涙目に効果があるといわれている。
なかなかの優れものだそうです。

観賞用などの目的で栽培されることも多いそうです。

 

>>続きを読む
ic! berlinのメガネは、部品を失くし易い。
ic! berlinのメガネは、僕のお気に入りNO.1眼鏡。

ic!_berlin

でも、実は、
部品を失くし易いのである。

ネジなしで、すべてをジョイントしているので、
ポイント部分が外れやすく、
外れると、部品が小さいため、チップを失くしてしまう。

ic!_berlin

僕も、去年、チップを失くしてしまった。
取り寄せるのも面倒だったので、
しばらく別の眼鏡を使っていたのだが、
「ic! berlin」使用者の先輩に相談したところ、
部品だけ売っているところがあるとのこと。
早速、ネットで調べたのだが、見つからない。
思い切って、購入した
ポンメガネ」さんに、メールを出したところ、
サービスで送ってくれるとのこと。
なんと!うれしい!

届いた「チップ」がこれ↓ 見るからに失くしそうでしょ?!
ic!_berlin

みなさん、ic! berlinのメガネ使用時の激しい動きには、
気をつけましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。